採用情報トップ > 広島クレーン学校の仕事

広島クレーン学校の仕事・インストラクター/営業

製造企業の大きな期待を背景に、技術作業者の技術向上・資格取得を支援。

インタビュー・2007年入社・石川英治

現場作業技術者の皆さんに、安全な仕事を行っていただきたくて。

建設業などの現場では、時間に迫られたり慣れもあったりで、機械操作が危険な状態になっている場合が少なくありません。企業からの依頼で、作業技術者の方にもう一度基本に立ち返っていただくための講習で思うのは、やはり作業の安全性の重要さです。個人的なことですが、実は親しかった友人が大学時代にクルマの事故で亡くなって…。シートベルトをしていなくて、もししていたらと思うと無念で。それをきっかけに、私は自動車のインストラクターになろうと決心しました。実際には自動車ではなくてクレーン学校の仕事になりましたが、安全への思いは同じです。私の力は微力ですが、安全意識の高い作業技術者の育成に少しでも貢献できれば本当にうれしく思います。

インタビュー・2007年入社・門田泰和

技術作業者の方々のスキルアップと安全に貢献できればうれしい。

私は中途入社で、それまでは別の会社にいてこの会社の仕事をしていました。前職は機械関係のサービスエンジニアだったのですが、この会社の活気あるムードに触れて引き寄せられるように転職してきました。入社後は営業職として、福山市と周辺エリアの技術系企業などを訪問し、技術資格の取得と安全教育の研修などを営業しています。お客様である技術系企業にしっかり現場作業の方々の安全意識や技術習得の重要性を説明し、当社の講習で真に安全な職場をつくっていただくことが私の仕事です。その結果、技術作業者の方がスキルアップし、事故がなくなれば本当にうれしい。当社では企業を上げて地域貢献意識が高く、私もその一翼を担っていきたいと考えています。


石川英治

資格の有無が仕事の幅になるので、クレーンやフォークリフト、玉掛け、高所作業車などの資格取得には相当努力しました。

門田泰和

当社では出張講習にも対応するなど、地域を超えた活動も実施。そうした柔軟性ある事業企画力も魅力です。